あなたのメタボ度は大丈夫?メタボリックシンドロームの怖さ

メタボ予防

メタボにならないための運動

メタボ予防には、食事について気をつけることも重要ですが、運動をすることも重要です。なぜなら、運動によってカロリーを消費することで脂肪を根証させることができるからです。それでは、どのような運動をするといいのでしょうか。


1つは、有酸素運動です。これは、からだが酸素を消費しながら行う運動のことです。代表例は、ウォーキングや水泳です。有酸素運動は、からだにたまった脂肪を燃焼させます。脂肪を燃焼させるためには、有酸素運動を約20分間続けないといけません。


例えば、会社への通勤が電車の方は、1駅前で降りてその区間でウォーキングを行えば、約20分の運動の機会を確保することができます。また、仕事を終えた後に、ジムへ行ってプールで水泳をするのもいいでしょう。このように生活の中に運動する機会を入れることによって、自然とメタボを防ぐことができるようになります。


もう1つは、無酸素運動です。代表例は、筋力トレーニングです。無酸素運動は、からだの基礎代謝をあげるために行います。基礎代謝があがると、ふだんの生活の中で消費されるカロリーが増加します。つまり、運動の時間を多く取らなくても、からだに脂肪がたまりにくくなるからだになるということです。


これは、よく「肉体改造」などといわれています。トレーニングすべき部分は、腹筋や背筋、太ももやお尻の筋肉です。このあたりの筋肉は、ジムなどで器具を使わなくても、自分の体重による負荷だけで鍛えることができるからです。