あなたのメタボ度は大丈夫?メタボリックシンドロームの怖さ

メタボ予防

食べ物の噛み方

メタボ予防と食べ物の噛み方、一見すると何の関係もなさそうに思えます。しかし、メタボにならないためには食事に気をつけなければなりません。その食事をする上で、物の噛み方もまた、気をつけるべきポイントなのです。


よく、「食べ物は口に入れてから30回噛みなさい」という話を耳にします。これはなぜなのでしょうか。実は、ちゃんとした理由があるのです。人は空腹になると脳から食事を摂るように指令が出ます。その後、私たちは食事を摂りますが、食事を摂ってもすぐには満腹になりません。


食べ物が胃に入ってから脳が満腹だという指令を出すまで、約20分のタイムラグがあります。この間にどんどん食べ物を食べてしまうと、脳が満腹という指令を出す前に、満腹以上の食べ物を食べてしまうことになります。これでは、摂取するカロリーがオーバーしてしまいます。


そこで、食べ物を30回噛むことで、食事のペースがゆっくりとなり、脳が満腹という指令を出てから食事を終えることができるのです。さらに、よく食べ物を噛んでいるため、からだが消化吸収しやすく内臓への負担も減らすことができます。


30回という数だけを見ると、回数がとても多いとか、数えていられないという印象を持たれる方が多くいらっしゃると思います。しかし、最初は煩わしくても、慣れてくれば噛んだ回数が分かるようになります。また、30回噛んで飲み込めない量の食べ物を一気に口へ持っていくこともなくなります。メタボを予防するための最初のステップといえます。