あなたのメタボ度は大丈夫?メタボリックシンドロームの怖さ

メタボの病気

メタボ診断

2008年4月から開始した特定健診制度がスタートしたことにより、40から74歳の医療保険加入者に対してメタボ検診が義務付けられました。これにより、メタボ該当者であるか、メタボ予備軍であるか、全く問題ないかが判断されます。ここでメタボと診断されると特定保健指導がなされ、さらに5年後に成果があらわれない場合には罰金等のペナルティが科されます。


このメタボ診断が義務化されたのは、将来の医療費を軽減することにあります。メタボは、日本人の死因のトップ3に入る心筋梗塞及び脳卒中になる可能性を上げるからです。


そこで、国としては、40歳になったらメタボかどうかを診断することによって、国民に対してメタボかどうかの自覚を植え付けようとしているのです。「植え付ける」という表現はやや批判的ですが、病気は早期発見・早期治療した方が負担は少なくて済みます。そういった点を考慮すれば、メタボ診断は有効かつ適切なものとも考えられます。


ただ、問題点があることは事実です。例えば、メタボ診断の際にメタボであるかどうかの判断基準が用いられます。この基準が適切なのかどうかという点については、疑問が払拭できません。はたして、内臓脂肪量はウエストで決定してよいのか。


また、高脂質・高血圧・高血糖の基準値は高すぎるのではないか。まだまだ研究途上であるといえます。ですから、診察結果を見て、これらの点については疑問を持っていてもよいかと思います。その上で、メタボと診断された場合にはメタボとどのように付き合っていくのかを考えましょう。