あなたのメタボ度は大丈夫?メタボリックシンドロームの怖さ

メタボとは

子供のメタボ

今やメタボは中高年だけに限った話ではありません。なんと6歳から15歳までの子供であってもメタボであると診断される可能性があるのです。


では、いかなる場合に子供がメタボと判断されるのでしょうか。ここでの判断基準は、大人のメタボ判断の基準と同様に、内臓脂肪量が基準を超えていることに加えて高脂質・高血圧・高血糖のうちの2つが基準を超えていることです。当然ながら基準となる数字は大人とは異なります。


まず、内臓脂肪量についてですが、男女ともウエストが80cm以上の場合に基準をみたすとされています。また、ウエストを身長で割った数値が0.5を超える場合は、メタボ予備軍であると考えられています。内臓脂肪量が基準を超えた場合、最初に高脂質であるかどうかを判断します。


これは、中性脂肪が120mg/dl以上、HDLコレステロールが40mg/dl未満という基準のうちの両方、または、いずれか一方をみたす場合をいいます。次に、高血圧であるかどうかを判断します。これは、最高血圧が125mmHg以上、最低血圧が70mmHg以上という基準のうちの両方、または、いずれか一方をみたす場合をいいます。最後に、高血糖であるかどうかを判断します。これは、空腹時血糖値が100mg/dl以上である場合をいいます。このようにみてみると、子供のメタボの判断基準は、実は大人と大差ないことが分かります。これらの基準をみたし、メタボと診断された子供は深刻な状況にあるといえます。


メタボの子供たちは、約10%存在しているといわれています。メタボになる原因は、食事の偏りや運動不足などさまざまです。周りの大人は成長期の子供にとって食事も大切ですが、子供の将来を考えメタボ解消に向けた努力も必要であるといえます。