あなたのメタボ度は大丈夫?メタボリックシンドロームの怖さ

メタボとは

メタボ予備軍

今はメタボではなくても、今後メタボになる可能性がある人たちのことをメタボ予備軍といいます。メタボ予備軍に該当する人というのは、内臓脂肪量が基準値を超えており、高脂質・高血圧・高血糖のうち1つだけ該当している場合をいいます。この3つのうち2つが該当すると、メタボになります。メタボ予備軍に該当する人は、現時点でメタボに片足が入っている状態といえます。


メタボ予備軍についてもデータがあります。平成19年度の国民健康栄養調査によると、40歳から74歳までの男女約5800万人のうち、約940万人がメタボ予備軍に該当するとしています。メタボ該当者と合わせると、2000万人を超える人たちがメタボであるということになります。これは、40歳以上の男女のうちの3割を超えています。驚くべき数です。


もう少し詳しく分析するために、男女別にみてみましょう。男性は、40歳以上の25%がメタボ予備軍です。メタボ該当者が30%存在するので、メタボ・メタボ予備軍を合わせると、なんと50%以上になります。


メタボ予備軍とされている人たちのうち、最も多いのは50代男性です。メタボ該当者は60代男性が最も多いこととも整合的です。つまり、メタボ予備軍がそのまま成長を続けて、60歳を過ぎてメタボになるということです。


女性は、メタボ予備軍は8.2%と、男性に比べれば多くはありません。しかし、40歳以上のメタボ・メタボ予備軍を合わせると、約20%がいずれかに該当します。女性の場合、メタボ予備軍であっても60代・70代が多いです。これは男性とは異なる分布であるといえます。