あなたのメタボ度は大丈夫?メタボリックシンドロームの怖さ

メタボとは

メタボの基準

メタボかどうかは、厳密な基準にあてはめて判断しなければなりません。この基準は厚生労働省が定めています。これによると、まず内臓脂肪量が1つの基準となります。内臓脂肪面積が100平方cm以上であるとメタボの基準を1つみたすことになります。


これにあたるためには、男性のウエストで85cm以上、女性のウエストで90cm以上ある場合であるとされています。さらに、ウエストの測り方も大切です。これは、立った姿勢で、息を吐き、へその高さに巻尺を水平に巻いて測定しなければ正確な数値になりません。


内臓脂肪量の基準をみたす場合であって、次の3つのうち2つ以上の基準をみたす場合にメタボであるとされます。1つめは、高脂質であるかどうかです。これは、中性脂肪が150mg/dl以上、HDLコレステロールが40mg/dl未満、これらの2つの数字のうちどちらか、または、両方をみたす場合をいいます。2つめは、高血圧であるかどうかです。


これは、最高血圧が130mmHg以上、最低血圧85mmHg以上、これらの2つの数字のうちどちらか、または、両方をみたす場合をいいます。3つめは、高血糖であるかどうかです。これは、空腹時血糖値が110mmg/dl以上の場合をいいます。


メタボというと、ウエストの数字ばかりが一人歩きしている感があります。しかし、ウエストは内臓脂肪面積を測るためのものさしであるということが分かります。また、ウエストの数字だけでなく、高脂質・高血圧・高血糖という基準までもみたさなければならず、メタボが厳しい基準のもと判断されているといえます。