あなたのメタボ度は大丈夫?メタボリックシンドロームの怖さ

メタボの原因

メタボの原因

メタボは、誰もが自然になるわけではありません。物事には生じた結果に対して、原因となるものがあります。では、何が原因でメタボになるのでしょうか。


メタボの原因は、1つではありません。まずは、食事の偏りが考えられます。高カロリーな食事ばかりを摂っていると、からだが消費しきれなかった余分なエネルギーは体内に残ります。これが、メタボの1つの基準である高脂質につながります。食事をしないと、人間は生きてはいけません。しかし、偏った食事もまた人間が生きていく上では避けなければなりません。


次に、運動不足が考えられます。からだに摂りこんだエネルギーを消費しないことがメタボにつながるとすると、そのエネルギーを完全に消費してしまえばメタボにはならないということです。


しかし、今はPCを使った仕事も多く、また移動するにしても交通手段も発達したため歩くことは少なく、さらに直接人と会わなくても連絡をとる手段もあります。その結果、現代人は慢性的な運動不足となりました。高カロリーな食事と運動不足が合わされば、健康を維持する方が困難です。


喫煙もまた、メタボの原因になると考えられます。メタボの原因としては、内臓脂肪量の方ではなく、高血圧になる可能性が高くなるという点です。さらに、喫煙は他の病気を誘発する可能性もあります。そのため、メタボに限らず、限度を超えた喫煙には注意をする必要があるといえます。 人が健康を害するときには、原因が複数あることが通例です。あらかじめメタボの原因を知っておくことが、将来のメタボ予防にもつながります。