あなたのメタボ度は大丈夫?メタボリックシンドロームの怖さ

メタボとは

恐ろしいメタボ

メタボという言葉は、最近では肥満の方全般を指す場合に用いることが多くなってきました。メタボとは、メタボリックシンドロームの略です。「それぐらいは知ってるよ。」という方でも、メタボに該当するかどうかの判断にはきちんとした基準があって、その基準の詳細までご存じの方は少ないのではないでしょうか。


なぜメタボが問題視されるようになったのでしょうか。ひとつは、メタボが原因で将来的に重い病気を引き起こす可能性があるからです。重い病気とは、心筋梗塞や脳卒中、糖尿病など、さまざまなものがあげられます。


これらは、死につながるおそれもあります。メタボという言葉の響きのかわいらしさとは裏腹に、メタボとは実はとても恐ろしいものなのです。もうひとつは、医療費の問題です。メタボが原因で病気になる人が増えると、国民皆保険制度の日本では、国が多額の医療費を負担することとなり財政を圧迫することとなります。そのような事態を避けるため、国は国民に対してメタボを予防するように呼びかけています。


そこで、メタボを解消するためにさまざまなアイディアが出されています。第1は、運動です。ウォーキングや水泳、エクササイズなどの多くの運動がメタボ解消のためと銘打って随所で行われています。


しかし、動くだけではメタボは解消されません。食事にも気をつける必要があります。健康食ブームもあり、メタボ解消のためのレシピなども開発されています。さらに、薬やサプリメントによるメタボ解消もあります。


すでに自分がメタボであるという自覚がある方には、どうしてメタボ状態になってしまったのか、その原因を究明しましょう。次に、今後どのようにしてそのメタボ状態を解消するかを考えてみましょう。しかし、ここで終わってはいけません。考えたことを必ず行動に移しましょう。また、今はメタボでない方も自分の生活を見つめなおし、将来自分がメタボ状態になることを予防するためには今どうすればいいかを考えてみましょう。